本文へスキップ

大体大浪商高校同窓会は卒業生の皆様のHPです。

TEL. 06-6352-9103

〒590-0043 大阪市北区天満3-10-16大体大アネックス内

組織図

団体名
大体大浪商高校同窓会
代表者
佐川順一
本社所在地
〒590-0043
大阪市北区区天満3-10-16
→アクセス
TEL. 06-6352-9103
FAX. 06-6352-9104
設立  1927年
卒業生数  27,447名
(H28年3月現在)                
          .

大体大浪商高校同窓会会則

       第1章  総 則
第1条  本会は大阪体育大学浪商高等高校同窓会という。
     設立年月日を昭和2年4月1日とする。(略ー大体大浪商高校同窓会)
第2条  本会は会員相互の親睦を図り、母校大阪体育大学浪商高等学校及び
     浪商学園の隆盛に寄与するを目的とする。
第3条  本会はその目的を達するために次の事業を行う。
     1.会員名簿及び会報の発行
     2.母校の発展に寄与する事業
     3.会員の親睦及び慶弔
     4.集会の開催
     5.その他目的の達成に必要な事業
第4条  本会は本部を浪商学園内に置き、連絡事務所を大阪市北区天満3丁目10番16号
     大阪体育大学アネックス内に設け、支部を必要な地域、職域その他に設けることができる。

       第2章  会 員
第5条  次の資格を有するものを会員とする。
    1.浪商高等学校並びに全身校の卒業生を正会員とする。
    2.母校現旧教職員を特別会員とする。
    3.前項1及び2に該当しない者で役員会並びに相談役・顧問の承認を得たものを推薦会員とする。
第6条  1.正会員は会費を納めなければならない。会費の額は役員会において時代に
     相応した額を定める。
    2.既納の会費は理由の如何を問わず返還しない。

       第3章  役 員
第7条 本会は次の役員を置き、その人任期は2年とする。但し再任は防げない。
    1.会長1名
    2.副会長若干名
    3.常任幹事若干名
    4.監事3名以内
第8条  1.本会を運営するに当たり、次の各部を設置する。また必要に応じて部の増減
     及び名称変更を役員会の議を得てすることができる。
    総務部 広報部 財務部 渉外部 組織部 事業部 女子部
    2.各部の部長・部長代理・副部長は常任幹事が担当する。
      なお副会長が部長を兼務することができる。

第9条 会長は本会の会務を統括し、本会を代表する。
    会長は総会・役員会を召集し、その議長となる。
第10条 副会長は会長を補佐し、会長に支障あるときは会務を代行する。
第11条 監事は本会の財務・会計及び業務運営を監査する。

      第4章  役員の選 出
第12条 会長及び副会長・監事は役員会の推薦を経て総会において選出する。
第13条 会長は副会長と協議の上会員の中から常任幹事を選出し委嘱する。

      第5章  顧問・相談役

第14章 本会に顧問・相談役を置くことができる。
第15章 最高顧問に学校法人浪商学園理事長を推載する。
第16条 名誉顧問は同窓会長経験者とする。
第17条 顧問は大阪体育大学浪商高等学校長の職にある者、前任職
    の学校長及び学職経験者の中より役員会の推薦により会長が委嘱する。
第18条 相談役・参与は永年本会の発展に寄与した者の中より役員会の推薦により会長が委嘱する。
第19条 名誉顧問・顧問及び相談役・参与は会長の諮問に応じ総会・役員会または
    その他の会議に出席して意見を述べることができる。

      第6章  総 会

第20条 定時総会は毎年1回これを開催する。
    臨時総会は会長又は役員が必要と認めたとき、これを開催する。
第21条 次の事項は定時総会に提出して承認を受けなければならない。
    1.事業計画及び収支予算についての事項
    2.事業報告及び収支決算についての事項
    3.財産目録
    4.その他の必要と認めた事項
第22条 総会の決議は出席会員の過半数をもって決し、可否同数のときは議長これを決する

      第7章  会 計

第23条 本会の経費は会費及びその他の収入をもってこれに充てる。
第24条 本会の会計年度は毎年4月1日より始まり翌年3月末日をもって終わる。

     第8章  支 部

第25条 第4条の支部を設置するときは役員会の承認を得るものとする。
第26条 支部の運営及び会則は支部で定める。

    第9章  会 則 の 変 更

第27条 本会則は役員出席3分の2以上の同意で発議し、総会出席者の3分の2以上の
    承認がなければ変更することができない。但し、本会則における字句に不備の
    ある場合は役員会の議決を経て会長これを決める。

附則
1.この会則運用に当たり細則を設けることができる。細則は役員会の議を経て会長が決める
2.本会則は平成元年2月22日から施行する。
 本会則は平成7年9月9日一部改正
 本会則は平成10年6月6日一部改正
 本会則は平成11年6月19日一部改正
 本会則は平成13年6月10日一部改正
 本会則は平成21年6月28日一部改正


同窓会組織図 及び各部の事務分担



会長  佐川 順一  (S41.18.G1)

副会長 朝比奈 修治 (S43.20.2)
    堀   博充 (H2.42.10)
    益田  正子 (S55.32.体)







1.
総務部      @同窓会の総括事務事業        同窓会事務局に指示
           A役員会  総会でその他行事の掌握 同窓会事務局に指示
           B各部との連絡調整
           Cその他必要事項   同窓会最高顧問野田理事長との懇親会(年1回)

2.
広報部       @同窓会機関誌「なにわ」の発行
           A       〃      の編集発送
           B       〃      の取材
           C       〃      の広告依頼同窓会事務局に指示
           Dその他必要事項


3.
財務部       @金銭 預金の管理及び収支 同窓会事務局に指示
           A事務所の管理と賃貸借
           Bその他必要事項

4.
渉外部       @学校との連絡調整 同窓会事務局に指示
           A学校行事掌握協力
           Bその他必要事項

5.
組織部       @支部長会
           A淡路クラブ 茨木会 熊取会との連絡調整 支援協力
           B各同窓会の結成促進と協力
           必要により会長に代わって参加 同窓会事務局に指示
           Cその他必要事項

6.
事業部       @新年初会(新年懇親会)事務事業
           A同好会の結成 促進協力
           B熊取卒業者の同窓会入会歓迎会協力(熊取支部主体)
           Cその他必要事項

7.
女子部       @同窓会女子の新年会・総会参加の要請
           A各部への協力
           Bその他必要事項

          *各部は重要事項については事前に会長に、
            必要なときは副会長にも相談、報告をした後行動する


役員会の種類

1)正副会長会
2)執行役員会
3)拡大執行役員会(副部長以上の役員)
4)常任幹事会(執行役員は出席)
5)顧問、相談役参与会
6)支部長会
7)総会
8)その他
       *名誉顧問、監事は必要に応じ会長から出席方を要請する




大体大浪商高校同窓会

〒590-0043
大阪市北区天満3-10-16
大体大アネックス内

TEL 06-6352-9103
FAX 06-6352-9104